コロナから 命と暮らしを守る

我如古 イチロー

がねこ 一郎

那覇市議会総務常任委員 / 那覇市・南風原町環境施設組合議会委員
那覇市農業委員

活動地域

繁多川、三原、識名、真地、上間、仲井真、長田2丁目、国場一部

我如古イチロープロフィール

我如古イチローTwitter

略歴

・1958 年那覇市真地に生まれる 故・我如古盛仁(元那覇市議4男)
・城南小学校・石田中学校8期・豊見城高校9期卒業
・1982 年大東文化大学経済学部卒業
・沖縄医療生協組織部主任・浦添協同クリニック事務長
・2001 年嘉数進元市議の後継で市議5期
・真地小学校PTA会長2期・石田中学校PTA会長1期
・石田中学校 50 周年期成会会長
・仲井真中校区まちづくり協議会に参画
・党南部地区委常任委員・党県委員
・市議5期、那覇市・南風原町環境施設組合議会議員、市農業委員、党南部地区常任委員、党県委員
・家族:妻 るみ子、1 男 2 女、孫 3 人

ごあいさつ

私は城間市政を支え、市民の切実な願い実現へ、力を合わせてきました。

世界遺産識名園で、王朝食パンを販売する、真地自治会と地元のパン屋さんとの共同売店を実現させました。
昨年、国場・仲井真地域に念願の公民館・図書館が完成しました。30年以上前からの地域の願いでした。議会論戦での後押しは、仲井真小学校区まちづくり協議会からも感謝されています。

高すぎる国保税に多くの市民が苦しんでいます。沖縄県だけ、国の国保交付金制度の欠陥で莫大な赤字です。
毎年10億円規模の繰り入れをさせて、値上げをストップさせてきたのは、私たち共産党市議団の議会論戦です。

これからも、城間幹子市長を支え、コロナ危機から命とくらしを守ります。

身近な相談役として、地域の願い市政へ結ぶ架け橋としてがんばります。

笑顔が広がる那覇・沖縄へ 我如古イチローの重点公約

子どもの医療費は高校卒業まで無料に

・国の支援を増やして、国保・介護保険の負担軽減

・子どもの貧困対策・ひとり親家庭・低所得者への支援拡充

産業振興、交通網整備

・県都・那覇市の地の利をいかした国際物流拠点、臨空・臨海型産業の集積

・LRTと鉄軌道の導入、モノレール3両化など交通網の整備

人権まもりジェンダー平等社会を

・性の多様性を尊重するレインボー条例制定

・ヘイトスピーチ規制条例制定

・人権侵害の理不尽な校則見直し

首里城再建・周辺戦災文化財の復元

歴史と文化の薫るまちづくり、伝承文化の継承・発展
・旧日本軍第32軍司令部壕の保存・公開

戦没者の血や遺骨が混ざった土砂採取の撤回を

新基地建設ストップ

普天間基地の閉鎖撤去、建白書実現
・那覇軍港と自衛隊那覇基地の無条件返還

活動地域

繁多川、三原、識名、真地、上間、仲井真、長田2丁目、国場一部

我如古イチローへのお問い合わせ

事務所:長田 2-3-17
TEL: 853-6180

ニュース

記事一覧を見る

議事録

記事一覧を見る